金縛りの原因と対策

金縛りの原因と対策について 頻繁に起こるのは病気の前兆?

金縛りの原因と対策について まずは症状をチェック!


 
金縛りって、怖いですよね…。
 
 
 
 
 
 
 
私の場合は重症の「金縛リスト」で、
 
よく授業中に眠っていて、金縛りにあうこともありました(;´д`)
 
 

 
 
 
 
 
 
そんな時私は(このまま誰かに押されると、私は頭打つだろうな…)
 
なんて、どうでもいいことも考えていたり…(;´∀`)
 
 
 
 
 
 
 

 
 
この記事では金縛りの原因と対策についてご紹介するのですが、
 
その前に一度、金縛りに多い症状についてご紹介しますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金縛りは、以下のようなことが起こります。
 

 
 
 
・耳鳴り・音・声が聞こえる
 
・幽霊のようなものが見える
 
・幽体離脱のような経験をする
 
・幻覚を見る
 
・胸が苦しくなり、息ができなくなる
 
・体が痺れる感覚がする
 
・引っ張られる

 
 
 
 
などなど…。
 
 
 
 
 
 
 
 
因みに私は、何かに触られる感覚が多かったです。
 
顔に虫が落ちてくる感触とかありましたし、足もよく引っ張られました…。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
このように、金縛りって非常に嫌なことなのですが、
 
これって病気なのかどうか、気になりませんか?
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
結論から言うと、
 
金縛り自体は病気ではなく、特別何か心配するようなこともありません。 
 
 
 
 
 
 
 

 
ただ金縛りが起こること自体は大変辛いですし、
 
また“金縛りが起こる状態”には、大きな問題を秘めている場合があるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
というのも、金縛りは“睡眠の質”が悪くて起こるのですが、睡眠の質が悪いと
 
 
 

 
・不眠症
 
・うつ病
 
・脳卒中
 
 
 
 
などにもつながりかねないのです。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
また、金縛りが怖くて眠れない
 
「睡眠恐怖症」という病気に発展するケースも多々あります。
 
 
 
 
 
 
 
 
ですから、金縛りは放っておいていいことはありません

 
(中には金縛りを気持ちいいなんていう人もいますけどネ)
 
 
 
 
 
 
 
この記事でバッチリ、金縛りを解決しちゃってくださいね(´∀`)b
 
 
 

金縛りが起こるメカニズムとは?

 

 
金縛りが起こる原因を説明する前に、
 
まずは金縛りが起こっている状態を解説しますね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
金縛りが起こっている状態を簡単に説明すると、
 
脳が起きていて体が眠っている状態なんです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして脳は起きているので、何かを見たり、
 
触ったり、臭ったり、感じたりする感覚は残っているのです。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
ただ体は眠っているわけですから、目は開けられません。
 
ですから脳は自分の経験や想像から、このような“感覚”を作り出してしまうのです。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
例えば、あなたが暑い部屋で眠っていたとすると、
 
あなたの脳はその暑い理由を知ろうとします。
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ体が眠ってるためその原因を直接知ることはできず、
 
他の“暑くなる理由”を想像します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
そこで脳が(そういえば、火炙りに合うと熱くなるな)と考えてしまうと、
 
見事目の前に火の棒(幻覚)が現れてしまうというわけです。
 
 
 
 

 
 
ホント、迷惑な話ですよね(ヽ´ω`)
 
 
 

金縛りが起こる原因その1:眠るときの環境

 
 それでは次に、金縛りが起こる原因について解説しますね。
 
原因が分かれば、対策方法もわかると思います( ´∀`)b
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先程の火の棒のように、体の感覚と脳のイメージはリンクします
 
つまり部屋が暑ければ火の棒が現れて、

 
布団が重たければ胸の上に幽霊が現れるということです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ですから、金縛りが起こる1つの原因は
 
何かしら体や五感が、直接的な影響を受けていることなんです。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
もし今あなたが眠っている環境で気になることがあれば、
 
まずはそれを改善してみてください。
 
 
 
それだけでも、金縛りにあわなくなることができるかもしれません。
 
 

 

金縛りが起こる原因その2:睡眠の質

 
例えばあなたの生活のリズムが乱れていたり、ストレスや不安を感じている場合。
 
こういった場合は睡眠の質が悪くなり、金縛りに合う可能性が高くなります
 
 
 
 
 
 
 
 
先程ご紹介した睡眠の環境よりも、こちらの原因の方が圧倒的に多いですね。
 
ですから、あたたもこちらをよく疑っていただきたいと思います。
 

 
 
 
 
 
 
 
特に以下のもの
 
 
 
 
・夕方以降、カフェインの含まれる飲み物を摂取している
 
・夕方以降、アルコールを摂取している
 

・眠る前1時間以内に、パソコン・スマホ・携帯・テレビなどを見ている
 
・眠る3時間以内に、食事をしている
 
・日常的にストレス・不安を感じている
 
・夜の10時〜2時までの間に、睡眠をとっていない

 
 
 
 

これらは、ありがちな睡眠の質を下げる行為です。
 

  心当たりのある場合には、これらを改善してみましょう。

 
 
 

 

心当たりがない場合 or 改善されない場合

 
 
 これだけ試しても改善されない場合、それは幽霊の仕業か
 
休めない原因を見つけるのが極めて難しい or 改善できない場合です。
 
 
 
 
 
 
 
 
因みに私もこのタイプで――って、幽霊の方ではないですよ(笑)
 

休めない理由が恐らく仕事のストレスで、それも改善が難しい場合でした。
 
 
 
 
 
 
 
だから私は、休めない原因をどうにかすることをやめて、
 
休むための成分そのものを摂るようにしたのです
 
 
 
 
 

 
 
 

 
↑これ、実際に私が写真をとったものですね( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
 
 
これはいわゆるサプリメントの一種なのですが、
 

少しその仕組みが変わってるんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
というのも、このサプリに含まれる栄養素は、
 
人がウトウトするための成分なんです。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
つまり私たちには様々な休めない原因があって、
 
その結果 脳から休息成分が分泌されない。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
ここで多くの場合は休めない原因をどうにかしようとするけども、
 
それよりも休息成分を補ってしまえば、原因に関係なく休めるでしょ!
 
という考えのもと生まれたサプリメントなんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まぁ正直私もあまり信用していませんでした(;´∀`)
 
ただ値段も1日あたり101円から飲めると聞いたので、
 
「まぁ栄養ドリンク感覚で試してみよう」と思い1ヶ月飲んでみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
それが思いのほか私にはあっていたみたいで、
 
飲み始めて2週間たったあたりから、怖い思いをすることもなくなりました

 
 
 
 
 
 
 
 
そして日中も――というか、そもそも日中にウトウトすることがなくなりましたね。
 
ですから、ひとまず私の場合はこの悩みから解放されました(´∀`)b
 
 
 
 
 

 
 
もし私みたいに「原因がわからない!」という場合には、
 
よければ試してみてくださいね(´∀`)b
 
 
 

 

 


TOP サプリを徹底比較! 症状の原因と対策 商品レビュー! お問い合わせ