寝起きの頭痛の原因

寝起きの頭痛の原因は、寝不足?寝すぎ?その対策方法とは

あなたの頭痛の原因は、寝不足・寝すぎ・睡眠の質が原因かも?

 
 
あなたは寝起きに、ひどい頭痛を感じることはありませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 例えば
 
 
 

・頭をキリキリと締め付けられうような痛み
 
・痛くて頭を動かせないような、ズキズキとした痛み
 
・ガンガンと脈打つような痛み
 
 
 
などなど…。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
加えて、その頭痛は
 
 
 
 
・寝不足の時に起こる
 
・寝すぎた時に起こる
 
・寝ても何か疲れが取れていない時に起こる
 
・頭を冷やすとマシになる
 

 
 
 
いずれかのものではありませんか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もしそうであれば、その頭痛は“睡眠”が大きく関係している可能性が高いです!
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで、この記事では睡眠と頭痛の関係と、
 
その対策方法について解説しますね(´∀`)b
 
 
 
 

寝不足・浅い眠りが頭痛になる原因とは

 
通常私たちが夜にしっかりと眠っている場合には、血圧も一時的に下がるのです。
 
ただ睡眠時間が短かったり、深い眠りを取れない場合ですと、血圧は高いまま
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうすると血管は拡張してしまい、
 
周囲の神経を圧迫することで頭痛が起きるとのことです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして頭痛が起こるだけなのであればまだ良いのですが、
 
これら寝不足・浅い眠りは
 
 
 
 

・糖尿病  
 
・高血圧  
 
・動脈硬化
 
 
 
 
などのリスクを高めてしまうことが明らかになっています。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
また日本で行われた研究でも、睡眠時間が5時間未満の人は、
 
7時間睡眠の人に比べて1.6倍も死亡率が高く
 
高血圧のリスクも2倍も高いとのこと。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
ですから、頭痛はこのような最悪の事態にならないための
 
サインだと考えて良いでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
早めの対策が必要です( *`ω´)
 
 
 

 

寝すぎで頭痛になる原因とは

 
 
では逆に、どうして寝すぎで頭痛になるのでしょう。
 
長時間寝ているのですから、その分回復しているのではないのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
実は、長時間寝ている状態というのは、体が“こっている”んですね。
 

そして起きる時にそのコリを治すために、
 
血行を良くしようと血管を拡張するんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうすると、拡張した血管が周囲の神経を圧迫してしまい、
 
頭痛が起こるというわけです。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
因みに、そもそも“寝すぎ”の状態が起こるのは、
 
睡眠の質が浅いからだと言われています。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
もしあなたが十分に睡眠時間をとっているのにも関わらず、朝だるい感じがしたり
 
疲れが取れていない感じがするのであれば、睡眠の質が浅い可能性が高いです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
睡眠の質が悪いということは、やはり糖尿病・高血圧の原因にもなりかねませんし、
 
死亡率に関しては寝不足よりも高く、約2倍という数字が出ているのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寝不足も寝すぎも、良くないというわけですね(ヽ´ω`)
 

 
 
 

頭痛の対処法とは?

 
現に頭痛が起こってしまった場合には、まずはその頭痛を収める必要があります。
 
ではどうすれば良いのかというと、
 
無料でできるものであれば“冷やす”ことがおすすめです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャワーを浴びても良いですし、冷えピタのようなものを貼っても良いでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、温めることは逆効果になるので、してはいけません。
 
湯船に浸かる・マッサージするなどを考えがちですが、
 
それらは控えるようにしましょう。
 
 
 

 
 
 
 
 
因みに有料なものですと、ストレートに頭痛薬が良いと思いますよ。
 
長期連用はできませんが、今起こっている頭痛を治すのには有効です。
 
 
 
 

ただ、頭痛が起こる原因そのものの対策をしないと

 

 
先程も申し上げたとおり、頭痛は1つの症状に過ぎません。
 
その後ろには、糖尿病・高血圧・動脈硬化が待ち構えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
――というより、頭痛が起こること自体が辛いですよね(;´∀`)
 
ですから、頭痛が起こる原因そのものの対策をしましょう。
 

 
 
 
 
 
 
 
つまり
 
「寝不足・寝すぎを避け、しっかりと休む」
 
必要があるというわけです。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
こう3つ問題を並べると難しいように思いますが、
 
注意するのは「しっかりと休む」ことだけで構いませんよ(´∀`)b
 
 
 
 
 
 
 
 

 
というのも、深く休むことができれば
 
多少睡眠時間が短くてもしんどい思いはしませんし、
 
しっかり休むことで、そもそも寝過ぎという状態もマシになると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
ですから、まずはしっかりと夜に休むことを目指しましょう!
 

 
 

夜にしっかりと休む方法

 
以下が、私たちがしっかりと休めない理由に多いものです。
 
 
 
 
 
 
・夕方以降、カフェインの含まれる飲み物を摂取している
 
・夕方以降、アルコールを摂取している

 

・眠る前1時間以内に、パソコン・スマホ・携帯・テレビなどを見ている
 
・眠る3時間以内に、食事をしている
 
・日常的にストレス・不安を感じている
 
・夜の10時〜2時までの間に、睡眠をとっていない

 

 

 

 

 

 

 

これらに心当たりのある方は、可能であれば習慣の改善を意識してみてください。

 

それだけでも、良くなる場合がありますので。

 

 

 

改善を変えることが難しい or 原因が見当たらない場合

 
 
上記は特に多い原因ですが、当然これ以外にも無数に理由はあります。
 
ただその理由は人の数だけありますから、特定は非常に難しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
また仕事や生活環境の問題で、改善できない場合もありますよね。
 

ストレスや不安がどうしようもない場合もありますし、
 
仕事の関係でアルコールを避けたり22時に眠ることは難しい場合もあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
そういった場合には、やはり補助的に何かを摂取する必要があります
 
ということで、私は以下のサプリメントを試しました。
 
 

 
 

サプリメントを補助として飲む

 

 

上の写真のものが、私が休息の補助として用いたサプリメントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このサプリには天然の休息成分が含まれているため、

 

自然な休息のサポートをしてくれるとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ正直な話、私は値段に釣られたわけですが(笑)

 

このサプリメントは、なんと1日101円から飲むことが出来るんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は頭痛が起きた時に頭痛薬を買っていたのですが、

 

1日換算すると101円より高かったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに頭痛薬は長期的に飲み続けるわけにもいかないし、

 

安くて根本的な対策を目指せるサプリメントの方がお得だな!と思い購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(グレープフルーツ味でした(*´ч`*))

 

 

 

 

 

 

私の場合は、ひとまず1ヶ月分を購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに1ヶ月分の単品購入ですと、

 

1日あたりのコストは127円になるので注意が必要です

 

(まぁそれでも安いですけど)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、夜ベッドに入る1時間前くらいに飲むことを週間にしたのですが……

 

飲み始めて2週間後くらいに、

 

まず夜に自然な“ウトウト”が来るようになったのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそのまま自然に休むことができ、朝はすっきりするように。

 

以前のようなズキズキもなくなりました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてたまに休む時間を確保できない時も、割と朝にはすっきりしてるんですよね。

 

以前なら失った時間の分、しっかりと疲れに襲われていたのですが(;´∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因みに今はもう飲んでいないのですが、特に何か問題が起こることはありません。

 

恐らく、休息のリズムが整ったからだと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたも朝に辛い思いをされているのであれば、

 

私と同じように、もしかすると力になってくれるかもしれませんよ( ´∀`)b

 

 

 

 

 

 


TOP サプリを徹底比較! 症状の原因と対策 商品レビュー! お問い合わせ